今なお活躍する国鉄型車両(ED75・DE10・旧客)
2022年4月 左沢線全通100周年記念号旧客返却回送

4月24日 晴

左沢線全通100周年記念号 その2からつづく
 羽前長崎で撮影後、蔵王付近で新幹線など撮影し、郊外にある洋食の名店で夕メシを食べてのんびり過ごす。時間になり山形駅へ行き、返却回送の運転確認のため待機。運転士が来て、ED75 758のパンタが上がる。運転確定だ。停車時間のある楯山駅へ先回りして待つ。事前情報の23:20を過ぎても来る気配が無く、他の撮影者と話していると後部標識がどうのこうのなど、情報が錯綜している。身体が冷え切ったところで列車接近の自動放送が鳴り到着。一旦停車するも即発車、まともにバルブできず残念だった。30分延でスジが読めないので深夜の追っかけは諦め、郡山方面へ向かった。

山形駅
22:15 パンタが上がる
ED75 758+DE10 1651+スハフ32 2357+オハ47 2246+オハニ36 11+DE10 1649

楯山駅
23:55 回9874レ ED75 758  30分以上遅れて到着

23:56 回9874レ ED75 758  即発車


4月25日 晴

 楯山駅から一気に南下し郡山付近に2時過ぎ着。車で2時間仮眠してスタンバイ。夜明けが早くなってきているので、4時半頃なら高感度で撮影できそうだとフンでいる。狙い通り、夜明けのほのかな明るさで旧客回送が撮れた。眠い目をこすりながら、鉄印集めに真岡鐡道へ向かった。
真岡鐡道鉄印へつづく

日和田〜五百川
4:30 回9576レ ED75 758
真岡鐡道鉄印へつづく