1−2(2)秘宝系
1984年7月8日 横浜赤レンガ倉庫&貨物線


 F君が「横浜にすごく大きくて古い赤レンガ倉庫がある」という情報を仕入れてきたので確かめに行った。
 朝8時過ぎに関内着。小雨が降ったり止んだりだ、港に向かって歩く。20分程で横浜開港資料館に着く。更に15分で山下公園に着いた、雨が降ってきたのでガード下の店でタコヤキを食べて雨宿りだ。雨が止んだので出発、横浜税関西門から線路づたいに歩いた。

赤レンガ倉庫探索のはじまりだ

使われていない線路が多い

早くも赤レンガ倉庫が見えてきた!

絵になるなー(現在ここは遊歩道になっている)
 9:10赤レンガ倉庫が見えてきた。港の草ぼうぼうの空き地にこんなに大きなレンガの建物がデーンと在るのが不思議な感じがした。でも、映画やTVで観た事があるからか、懐かしい感じもした。9:30頃に貨物が通るらしいので待つ。雨が再び降りだしてしばらくすると、DE10 98が貨物を牽いてやって来た、9:47だった。赤レンガ倉庫のそばへ行って撮ろうとしたら、映画の撮影とやらで内側へは近付けなかった、残念。万国橋踏切を10:45に出発、赤レンガ倉庫をあとにした。11時過ぎに地下鉄関内駅着、横浜に出る。ハラが減ったのでニチイ8Fのラ・フォーリで、2人で海老ドリア750円とコーヒー350円を頼んだ。ここの海老ドリアは感動的にうまかった。ドライカレーの上にデカい海老が沢山のせてあってさらにホワイトクリームがかけてあった。満腹になって店を出て、この夏に使う海パン・ビーサン・靴・サスペンダー等を買ってから家に帰った。

草ボウボウ

9:47 DE10 98の貨物列車通過
ワムの最後にホキが付いていた ※今回車両の写真はこれだけですスイマセン

いよいよ赤れんが倉庫の全容が見えた

横浜港駅跡から赤レンガ倉庫を望む

何処からなのか9 1/2キロポストが

更に進むと、また海が見えた

レンズに自分を入れてみた

来た道を戻り、関内へ

再び雨が強く降ってきた、雨の1日だった